栄養価の高い野菜

野菜には各種ビタミン類やミネラル類、たんぱく質や食物繊維など数多くの栄養素が含まれているため、よく「野菜を食べると身体に良い」と言われていますよね。しかし野菜と言ってもその種類は様々ありますから、どれを食べるとどんな良い影響が得られるのか、あまりピンとこないという人も多いのではないでしょうか。例えばビタミンAを生成するためのβカロテンが豊富に含まれているのは、ニンジンやホウレンソウといった緑黄色野菜。糖質をエネルギーに変える手助けをして疲労回復に役立つとされるのは、ゴマなどに含まれるビタミンB1です。野菜によって得られるメリットや含まれる栄養素が異なりますから、ただやみくもに野菜を食べようとするのではなく、野菜の組み合わせ方・選び方にも注意してみましょう。

ちなみに現代人はかなりの野菜不足とされているため、積極的に野菜を食べることで、野菜不足による身体の悪影響を打破することもできます。厚生労働省の発表では成人の1日あたりの野菜摂取量は350gが目標値とされていますが、実際は292gが基準値とされており、あまり十分な量の野菜が摂取できていません。近年のインスタント食品やファーストフードの普及から、脂質や糖質ばかりに偏りがちな食生活を送っている人が多くいるのです。もしも野菜不足が気になっているなら、やみくもに野菜を選ぶのではなく、効率的に健康効果が得られる野菜を選んで食べてみましょう。毎日食べるのにおすすめの野菜はどれか、ご紹介します。

◆ おすすめサイト紹介 ◆
普段忙しくなかなか買い物に行けないという人は、ネットで手軽に野菜が買える通販を活用してみてはいかがでしょうか?新鮮な野菜や果物を手軽に買える通販サイトがあるので紹介します ≫ 野菜 通販