トマトの働き

栄養価の高い野菜の代表格ともされるトマトには、リコピンやβカロテン、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル類であるカリウムなど多種多様な栄養素がたっぷり含まれています。まさに健康をささえるスーパーフードと言える存在でしょう。トマトの栄養として有名なリコピンは、抗酸化作用といって細胞の酸化(衰え)を抑える働きを強く持っています。抗酸化作用はビタミンEにも認められる働きですが、リコピンはビタミンEの100倍もの働きをするとされており、病気の予防や老化対策、疲労回復などに大きな影響をもたらしてくれるでしょう。

他にもβカロテンやビタミンC、ビタミンEは身体の調子を整えたり、肌質を良くしたりといった効果を期待できます。カリウムはナトリウム(塩分)の排出を促し、むくみの解消にもつながります。トマトの調理法としては、生でそのまま食べるのがすすめ。トマトは皮や種子などにたっぷり栄養素が含まれていますから、サラダなどに組み合わせて丸ごと食べてしまいましょう。リコピンは熱に強いことも特徴ですから、他の食材と一緒にゆでて食べたり、トマトソースにしたりといった使い方もできますよ。他の野菜もたっぷり使ったミネストローネは定番健康メニューです。