キャベツの働き

シャキシャキの噛み応えがくせになるキャベツには、栄養素も満点に含まれていて、野菜で健康体に近づこうとするのに適した食材です。キャベツにはビタミンCやビタミンK、人によってはあまり聞き馴染みのないビタミンUも含まれています。ビタミンUとはキャベツを絞った汁から発見された成分で、「キャベジン」という名前でも知られています。ビタミンUには胃腸を丈夫にしたり、胃壁の荒れた部分を正常に整えたりといった、胃腸の不調に良い影響をもたらしてくれます。よくお腹の調子を悪くしてしまうという人にもおすすめ。

ビタミンCはコラーゲンの生成を促して肌質を整えたり、免疫を高めたりする作用が期待できます。ビタミンKは動脈硬化の予防にも関係していると考えられており、生活習慣病の予防に期待大。そんなキャベツですが、王道通り炒め物にしたり、千切りにして肉料理の合わせにして食べましょう。実はキャベツの芯にはカリウムやリンなどのミネラルがたっぷり含まれていますから、芯は柔らかくなるまで煮たり、細かく刻んできんぴらにして食べるのがおすすめです。ただしキャベツをゆでると水溶性のビタミン類が流れ出てしまうリスクもあるため、蒸したり炒めたりと加熱時間を短くすると良いでしょう。